街中アウトドア キャンプカフェへGO!

神戸つながる不動産のご近所紹介「WalkKOBE」

第1回は、駅近キャンプ場「OUTDOOR SPACE 熾火 OKIBI」さん


こんにちは。つながる不動産のなおです。暖かくなってきましたね♪

暖かくなると、外に出たくなってきます。

コロナで家にいることが多かったからか自然のなかに行きたいなぁと。


そんな私が今回行ったのは、阪急王子公園駅すぐの場所に2021年2月にオープンした、黄色いテントが目印のキャンプカフェ熾火(おきび)さん。

コロナ禍でキャンプ熱が高まる今、街中でも気軽にアウトドア体験ができる!と話題のお店です。

阪急王子公園 西改札口を出て西へ。高架沿いを進むと駐車場?に2つのテントが見えてきます。



テントの横、ハンモックチェアやショウウィンドウに並べられたキャンプグッズにテンションあがる熾火さんのファザード



店内に入ると、グラスグリーンの人口芝に、ウッドテーブルや帆布のチェア、バーベキュー用コンロなどキャンプ場空間が広がります。



奥には、スクリーンに焚火が映し出されています。撮影のため照明あげてもらってますが、夕方からは、照明のトーンも落とし、テーブルのランタンの灯りとスクリーンの焚火がキャンプの雰囲気を盛り上げます。



笑顔が素敵な店長の小西翔也さん。

小西さんは、趣味のバイクのお仲間に誘われたのをきっかけにキャンプにハマり、その後、ツーリング仲間でもあったオーナーさんの声がけで、出店をサポート。そのまま店長に。

後ろの棚には、販売用のキャンプグッズとともに、小西さんの私物も並んでいます。

かなり自由な風を感じます・・^^





フードメニューは、実際のキャンプでも楽しめそうなものばかり!

テーブルにガスカートリッジとシングルバーナーを持ってきてくれるので、自分でホットサンド作りを体験できます。



ソーセージと野菜たっぷりの「トマトチリソーセージのホットサンド」・・

うーん、写真が残念。でもとっても美味しかったです。



スキレットで煮込むハンバーグ。

現在、メニューからは消えてますが、オーダーすれば作ってもらえるかも…

このまま裏メニュー化?



食後にコーヒーを頼みました。

キャンプ風にマグカップで提供されるのと、自分で豆を挽いてつくるのと2種類あります。

ここは迷わず自分で豆挽体験バージョンを注文。

ミルで挽いているとコーヒーの香りが手元から広がってきます。

珈琲好きには嬉しい時間です。家でもしたい!



スモア

食後のデザートに、マシュマロを炭火で焼いてビスケットでサンドした「スモア」

3月末までは、一人1個をサービスで提供。

バーベキュー用コンロで、大きなマシュマロを炙ります。

はじめての体験。



薄っすら焦げ目がついてくると、甘ーい香りが広がります♪



ビスケットの間に、マシュマロとチョコチップを挟んで・・ボリューム満点のスモア完成!




とっても気さくで話しやすい小西店長。

キャンプの楽しみ方、道具から、意外と分からない現地でのマナーのことまで丁寧に教えてくれます。

ご自身も休みの日には色々な所へキャンプに行かれ、またお客さんがキャンプに行って楽しかった話を聞くのが何よりの楽しみだそうです♪


キャンプ初心者、キャンプしたいけどまだしたことがない・・

そんな人にはぴったりのお店です!


今後、コロナが落ち着いたらイベントもされたいそう。

弊社神戸つながる不動産の社長ともコラボ企画あるそうです。

楽しみにしています!



【店舗情報】

OUTDOOR SPACE 熾火 OKIBI

所在地:神戸市灘区城内通4丁目7-12

営業日:土、日、月、祝

営業時間:11:00~20:00(LO 19:20)※3/21まで(まん延防止措置につき)





【熾火さんMAP】

阪急王子公園 西改札を出ると、信号向かいにセブンイレブンが見えます。そのセブンイレブンの2軒隣にあります。隣にはコインパーキングもあります。





ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【神戸つながる不動産:WalkKOBEについて】

神戸に住みたいなぁ、神戸に住んでて良かった・・そう思う人が増えるといいなぁと思い、毎週1件、地元の素敵なお店やスポットを紹介しています。


神戸つながる不動産では、ご契約の方、弊社の管理物件に住まれることになった入居者の方に、今回の熾火さん含めて、ご近所のお買い物や暮らしが楽しくなるスポットのご案内ツアーを行っています。詳しくはご契約の際ご案内しています。

また、一般の方に向けての街歩きツアー『WalkKOBE』も開催しています。

詳しくは、WalkKOBEのホームページをご覧ください。



【不動産のオーナー様へ】

人口減少が続く中、街中でも空き屋は確実に増えています。

「暮らす」には、仕事も、日々の買い物や、学び、コミュニティも必要で、豊かに暮らすには、それをリアルに提供できる『場』が必要だと考えています。

神戸つながる不動産では、不動産の提供だけでなく、それらの『場』の情報や、暮らしが楽しくなるプログラムを提供しています。

詳しくは、不動産オーナー様へをご覧ください。




閲覧数:195回0件のコメント

最新記事

すべて表示